« 振り回された一日 | Main | 音の匠と馬の匠 »

ゼファーといっても馬じゃなくてレストラン

西麻布というか南青山のゼフィーロに行く。
以前J-waveが入っていた西麻布三井ビルの
道路をはさんで反対側、富士フィルムの本社横を
ちょっとはいったところに発見したのが数年前の事。
近すぎるとかえって行かないもので、急に思い出し
勇気を出していきなりランチ時に入ってみた。
結論からいうと、もっと早く行くべき店であった。
地鶏とポレンタのバルサミコ、フォドゥータソースから
パスタが小海老とオレンジのタリオリーニ
小羊のロースト、ヘペロナータとクレソンソース
デザートにボネと黒胡椒のソルベ
それで3000円なのだが、とにかく色味が華やか。
パスタは当然オレンジ色のソースだが、酸味や
甘味が前面に出ることはなく、海老のうま味が
ちゃんと感じられるし、ターメリックなどがしみた
薄いベールが乗って、緑のソースのメインでの
ペペロンチーニな風味を倍増させる。
雑誌編集者当時に料理の写真を撮る時は、常に
おいしくみせる工夫をカメラマンが凝らしていた
ために、自分で料理の写真を撮らないのが信条
なのだけれども、あまりにカラフルなお皿だった
ので、カメラを撮り出そうかと思った。
フレンチとイタリアンの境界線上を行き来する
雰囲気は欧州滞在の長い西部さんの経験値。
なのでメニューが変るというよりも、リクエストで
何でも作ってくれるそうで、イタリアの地方料理
などを予約時にオーダーする人が多いそうだ。
繊細さを味わうというだけではなく、がっつり系が
食べたいという自分にとっては、新たなお気に入り
となりそうだ。

【肝硬変への道】
 Fossacolle Rosso Di Montalcino'03(トスカーナ)
ブルネロしか作らない醸造元が、ブドウが豊作のうえ
良すぎてこの年だけ作ったデフュージン。

|

« 振り回された一日 | Main | 音の匠と馬の匠 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ゼファーといっても馬じゃなくてレストラン:

« 振り回された一日 | Main | 音の匠と馬の匠 »