« 除雪作業と結婚式 | Main | 「喰切り 江ぐち」の移転先 »

時にはパンチ

【零細馬主で馬券下手】
JRA賞の授賞式の取材。代替開催だけに遅れてくる
人も多数。複数部門で表彰される人馬も多いが、
中でも角居調教師の勢いは目立った気がする。
フサイチの関口会長は相変わらず飛ばしていて、
「2006年はフサイチの年」と吠えており、金子真人
オーナーをも食った感じだった。会場のあちこちで
堀江社長の噂話が聞こえたが、こと競馬界において
ほとんどインパクトがなかったのではなかろうか。
ホリエモンもさることながら、トキニハパンチ(たしか
ミニスカポリスかなんかでの公募の名前では)も
中央未勝利。障害4着が最後で引退かどうか定か
ではないが、3年馬主をやっているのにこの2頭だけ。
もちろんデビューできなかった馬が沢山いるのかも
知れないけれど、ボクと変らない零細馬主ぶりだ。
成り金パワーを誇示するなら、関口会長とセレクト
セールで競り合うくらいの分かりやすさが欲しいのに
やっぱりホントは、情熱がないか、自由になるお金は
持っていなかったんだろうなぁと思う。

【肝硬変への道】
Grace Vineyard'01 Premium Red(山西省)
香港の樫村さんのご推薦。フランスの生産者と
中国各地でブドウ生産に適した場所を探して醸造。
ボルドータイプで、いなたい面白さがある。もちろん
甘い中国ワインとは違うちゃんとしたものだ。

|

« 除雪作業と結婚式 | Main | 「喰切り 江ぐち」の移転先 »

競馬」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24738/8322643

Listed below are links to weblogs that reference 時にはパンチ:

« 除雪作業と結婚式 | Main | 「喰切り 江ぐち」の移転先 »