« 米国産牛肉のステーキが食べたい | Main | 明大前の箸で食べるビストロ »

銀座オストラルがラトゥールに

事務所近くの「ブルトン」からメール。銀座に店を出すため
9月いっぱいで店をクローズするとのこと。男の料理教室で
コンフィや塩竈ステーキの作り方を伝授されたこともあり、
清水シェフには公私共にお世話になっていたが、いよいよ
銀座か、と出店先を見てびっくり。交詢ビルディングの5階
つまり「オストラル」だったところである。「立地、規模、
食器、銀器等、全てにおいて清水の実力を120%出せる
本格的なレストランで、今回はワインも数多くご用意して
おります」というメールの文面は、「オストラル」のマダムが
収集したラリック、ヘレンド、エルメスの食器に、カトラリー
がクリストフル、そしてワインのストックがそのまま譲られた
完全な「居抜き状態」を意味すると思われる。昔の地下の
「オストラル」から交詢ビルに移転してからは、値段も上がり
イマイチ評判が芳しくなかったのだが、「ラトゥール」という
ありそうでなかった名前になって、どうなるのか。
個人的には、隣接している、本格的なベーカリーがなくなる
のが大変残念だ。

【エセアスリートの日課】
バイク 15km
水泳用の筋トレで疲労困憊。

|

« 米国産牛肉のステーキが食べたい | Main | 明大前の箸で食べるビストロ »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 銀座オストラルがラトゥールに:

« 米国産牛肉のステーキが食べたい | Main | 明大前の箸で食べるビストロ »