« フェブラリーS大予想 | Main | あるラジオ番組で »

安勝バッカス

【零細馬主で馬券下手】

今年最初のG1のフェブラリーS。
東京競馬場は予想よりも降雨量が多くて雨が止んでも不良。
競馬関係者にはよく会うものの、スタンドは気持ち少なめだ。
当日のダートは逃げ残りの決着が多く、ひょっとしたら
メイショウボーラーの不良馬場での逃げ切り以来のことが
起きるかもと思いつつも、騎手の心理まで考えると全く
予想不能なので、一応前日の予想通りに馬券を買うことに。
事前の考え通りアジュディミツオーは行き脚がつかず、
シーキングザベストは揉まれない形で好位にとりつくも
直線で一杯。本質的にマイルは長いようだ。とはいえ
ブルーコンコルドも直線よれながらの2着。勝つかと
思うほどのパドックの気合い乗りだったのだが、やはり
東京競馬場が苦手としか言いようがない。サンライズ
バッカスはなんともアテにならないが、嵌まったとしか
言いようがない。とはいえ次走信頼に足るかどうかは
疑問である。シーキングザダイヤはよく見えなかったし、
メイショウトウコンはまだまだという感じ。とにかく
ドバイとの関連性が感じられる結果とは思えなかった。
それにしても安勝の勢いは凄い。中央移籍以来の
G1での 単勝回収率は170%を超えるという。

今週は大井のワールドエミネンスが火曜日のゴールデン
ステッキ賞に挑戦。大井1800mの持ち時計はメンバー中
1位でもあるので、内枠を活かしてうまく先行して自分の
形に持っていければ好戦は可能だ。
木曜日のオベリスクライトは3Rか4Rで、1400mか、初の
マイルかになるのだが、相手次第だけれども、息を入れて
差す競馬をしっかり覚えて欲しい気もする。

【肝硬変への道】
 
〆張鶴 大吟醸 金ラベル(新潟)

|

« フェブラリーS大予想 | Main | あるラジオ番組で »

競馬」カテゴリの記事

Comments

R_Aです。

確かに安勝の勢いにやられた。という感じでしたね。他の乗り手だったら、たぶん違った結果が。ブルコンの服部調教師のコメントで「もう東京はいい」というのが笑えました。3着に入った村田君の無欲の好騎乗によって私の3連単馬券は紙くずになりましたが、、(シーキングどっちか来いよ!!)。
「エミネンス」君、そろそろ来ますかね?ちょっと期待しましょう。

Posted by: R_A | February 20, 2007 10:41 AM

ワールドエミネンス、いい伸び足で「2着」!!次は勝てそう
ですね。只、馬券的には単勝が12倍付いていたので、今回が
妙味がありましたね。1着の「内田」との「馬連」は10倍くらい?1点買いならOKでしたね。私は今回は買いに行けずで、
次回期待です。(私が買わないと来る。法則はまた生きてしまいましたが、、、)次は「オベリスクライト」ですね。

Posted by: R_A | February 20, 2007 04:23 PM

R_Aさん

私はリアルタイムでレースすら見れず、そんな時に限って連がらみ。
早田騎手のコメントは「かなり遅いペースになってしまったし、
1コーナーで前が詰まってバランスを崩す不利がありました。
最後いい脚で伸びてくれていただけに残念です。でも気性的な
成長が見られ、砂を被っても止めなくなったので、そのうち
勝てるチャンスはくるでしょう」とのことですが、無理やり先行
という形じゃなくなったのは心強い限りです。次走かどうかは
わかりませんが、そのうち順番は来るでしょう。それにしても
このクラスの2着より、オベリスクライトの優勝の賞金が低い
というのは、なかなかきびしいものがあります。

Posted by: 入江たのし | February 21, 2007 01:24 PM

確かに賞金体系って、不思議ですよね。よく言われる、「クラスが上がって、着を取れなくなるくらいなら、ひとつ下のクラスで2着、3着を拾ってくれていたほうがいい」とか。馬主から「頭、いかんでもいいぞ」と指示されていたら、そりゃ最後は必死にはならんでしょうね。(石○とか??)

オベリスクライトは、ここで勝って、クラスをあげないとダメですよね。

Posted by: R_A | February 22, 2007 10:52 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 安勝バッカス:

» 加速する「移住ビジネス」 [【団塊世代の退職後のシルバーライフは?】]
市内で共同住宅建築ラッシュが続いている。2005年度だけで約1000戸が建った。背景に移住ブームがあるが、来年以降の団塊世代の大量退職に照準を合わせた「移住下見ツアー」が県内外で次々と企画され、「移住」をビジネスととらえる動きが加速している。主に富裕層を対象に下見や短期滞在の「移住体験」を経て、土地や住宅賃貸、不動産購入へ導くビジネスで、そのターゲットとされているのが市や竹富町の島々だ。この数年、市内には島外の大手不動産会社が次々と支店を構えており、竹富町は人口増加率で県トッ...... [Read More]

Tracked on February 20, 2007 04:17 PM

» The Blog [The Blog]
I would love to be able to come back and write a post about how we are developing, or have picked up a show based on a [url=http://himynigga.com/M18xOTI5OTk3]comment[/url] posted to the blog. [Read More]

Tracked on August 29, 2007 08:57 AM

« フェブラリーS大予想 | Main | あるラジオ番組で »