« プチ引っ越しほぼ完了 | Main | 単勝130円の馬券は買うべからず »

Time In A Bottle

阿佐ケ谷の「バードランド」。ここが再開店して2年あまり
銀座の本店には全く行かずに、もっぱらこっちばかりだが、
相変わらずワインが安いのにはびっくりさせられる。
今日は「ボンジリ」がないということで、その根元の「ペタ」
とか、モモの付け根の「ソリ」とかも頼んでみる。
「ソリ」はフランス語の「ソリレス」が由来とか。こういう
「肉」の部位の区切り方は、国によって微妙かつ大胆に違い
一度ちゃんと習得しようと思いつつも、馬体の細部の名前と
同じように、いつまでたっても覚えられない。そして
こういう希少な部位を頼むと、いかにも「通」っぽいが、
きっちりと下ごしらえされ、火の通しも絶妙だから、クセも
あまりなくてさすが。吉田牧場のカマンベールを炙りは、
とろけ具合を出す技を若い衆に教えているところを見て、
なるほどと学習。実際にやってみるのとは全く違うのは百も
承知だが、本当に焼き物は奥が深い。なんだかんだで、結局
親子丼までペロリと平らげる。昔みたいに「親子丼のみの方は
お断りします」という張り紙がなくなったところが、店が
成熟した証だ。

【肝硬変への道】
 
Bourgogne Rouge Leroy‘98
フランス語ではルロワで有名な夫人を指すのだが、初めて
英語読みしてみたらルロイとなることを発見。アタマの中で
Jim Croceのヒット「ルロイ・ブラウンは悪い奴」が延々
リフレインされる。全米No1に輝いてすぐに飛行機事故で
亡くなったのだっけ。あれから33年…。合掌。

|

« プチ引っ越しほぼ完了 | Main | 単勝130円の馬券は買うべからず »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

Comments

ジムクロウチ、結構好きでしたね。4年位前、サンディエゴに
出張で行ったときに「ジムクロウチの店」(正式の店名は忘れましたが)と呼ばれるレストランに行ったことを思い出しました。店内は彼の写真や、愛用の楽器とか飾ってあって、感慨深いものがありました。

Posted by: R_A | February 13, 2007 10:51 AM

R_Aさん

リッキー・マーチンの店は行きましたけど、ジムクロウチの店ですか。
奥さんのイングリッドがオーナー・シェフのCroce'sですね。
www.croces.comで見られますが、ワインスペクテイターでも
取りあげられたからには、繁盛していそうです。サンディエゴは
あまり用がないのですが、機会があったら行ってみて、Leroyが
あったら、Bad,Bad Leroy Brownを、と頼んでみます。
違うけど銀座のエルカーサリバーの店はまだあるのでしょうか。
入ったことないんですけど。

Posted by: 入江たのし | February 14, 2007 06:10 PM

ホームページ見ました。そうそう、この店です。サンディエゴ
のダウンタウンにあって、結構繁盛していましたね。
「Bad,Bad Leroy Brown」はメニューにはなかったと思いますが、「Croce's Salad」とかあって、頼んだ気がします。
もし、サンディエゴに行かれる時には是非。
「エルカーサリバー」の店とは?寡聞にして知らないのですが
あの93年の「金杯」「日経新春杯」をあけ4歳で連勝した
名牝の「店」ですか?ついでに今調べてみたら、彼女はまだ、これといった活躍馬を生んでいないのですね。

Posted by: R_A | February 15, 2007 11:57 AM

「エルカーサリバーの店」ですが、スナック風でいかにも「名牝」が
いそうな雰囲気で、ちょっと入るのに二の足を踏んでいました。場所は
コリドー街なので、無茶なことはないと思いますが、一人ではちょっと。

Posted by: 入江たのし | February 15, 2007 10:05 PM

「得るか去りバー」の店、大井ナイターの帰りにでもいって見ますか?

Posted by: R_A | February 16, 2007 01:12 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference Time In A Bottle:

« プチ引っ越しほぼ完了 | Main | 単勝130円の馬券は買うべからず »