« ショウビニズムの日米比較 | Main | VIVA! 遊び場! »

初孫誕生

アメリカのFourteen Candlesに牝馬が生れた。
繁殖として母を持って10年、初子の初子、つまり初孫という
ワケだが、いまのところ牝馬牡馬のバランスはだいたい
とれている。今のところこの仔をどうするのかというメドは
立っていないのだが、単純に収支のことだけを考えるならば
日本よりアメリカで走らせた方が安上がりだし、クレーミング
なども含めて、売却手段もいろいろとある。
人間にとって初孫はもまた格別の感慨があるというのだが、
馬の初孫というのを格別と感じるかどうかは、管理する人、
つまり調教師や厩務員くらいのものである。
それよりも母親、いや初孫にとっての「お祖母ちゃん」が
現役の繁殖である限りは、ピンとこないといっても
差し支えない。「お祖母ちゃん」の出産も間近なのである。

【エセアスリートの日課】
バイク 15km
スイム 1000m

P3020007

臨月の母

|

« ショウビニズムの日米比較 | Main | VIVA! 遊び場! »

競馬」カテゴリの記事

Comments

おめでとうございます。。。ご本人の孫かと思いました。

Posted by: 健 | March 12, 2007 11:49 PM

別に孫ができても不思議ではない歳というのが
何ともはや…。

Posted by: 入江たのし | March 20, 2007 12:43 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 初孫誕生:

« ショウビニズムの日米比較 | Main | VIVA! 遊び場! »