« 悔しくもないタテ目 | Main | ブルーな木曜日 »

オベリスクライト初優勝

【零細馬主で馬券下手】

今年のトゥインクル初開催。預託契約の書類捺印などもあり、
仕事の合間に、オベリスクライトのレース観戦。パドックでは
いつになくうるさい感じで、隣の馬券オヤジの「まだ太いし、
入れ込んでるからダメだな」という言葉にかなり凹む。
戦績が威張れるものなら、マイナス体重で距離短縮なんだから
と鷹揚に構えていられるのだが、先行馬が揃った上に外枠を
引いただけに、馬券勝負は単勝15倍程度のオッズがおいしく
見えない。だいたい8枠なのにオレンジのネクタイをしている
時点でダメじゃん。ということで、単複を少しだけ購入。
レースは何と1枠1番の逃げ馬が発走直後に落馬競走中止。
速い流れを競りかけていって、3コーナーで先頭に立つも、
空馬が4コーナーあたりから内をするする伸びてくる。
一瞬ヒヤリとするが、2年目の石川駿介ジョッキーがそこは
落ち着いて交わしながら、直線に向かったところでは、
安心して見ていられる伸び脚で、4馬身差のゴール。
1200mの時計を1秒3短縮するレースぶりだった。
口取りに向かうと、係員が「入江さんですか」と声をかけて
くれる。思えば自分の名義で走った馬が勝つのは初めてだ。
攻め馬担当の佐々木学元騎手とがっちり握手。石川騎手とも
話をしたところ、「このあいだとは全然乗った感じが違い
ました」とのコメント。中村護調教師、鏡厩務員と一緒に
写真を撮って、10番オベリスクライトのゼッケンをもらう。
そしてスタンドに戻って換金してみたら、何と単勝は
3番人気で680円になっていた。オッズを動かしたのは
私ではありません。
厩舎で話をきけば、このところようやく競馬というものを
覚えてきたようで、稽古が実戦に結びついてきたようだ。
飼い葉桶に首を突っ込む愛馬をねぎらおうとするが、
一心不乱に食べているところを邪魔されたと思うのか、
いやがる素振り。最下級条件に近いところだが、これを
きっかけに上昇気流に乗ってくれればと思う。ようやく
骨が固まってきて、これが競走馬としてのスタートだ。
生産に携わった三輪牧場さん、黒川牧場さん、育成の
三浦牧場さんなど、買ってきた馬じゃないだけに、沢山の
人々の顔が思い浮かぶ。もちろん母のターンオフザライト
にたずさわった、多くの人々も含めて、オーナーブリーダーの
醍醐味を味わう至福の時を与えて下さった皆さんに感謝。

【肝硬変への道】
 

Cuvee Jean=Louis

|

« 悔しくもないタテ目 | Main | ブルーな木曜日 »

競馬」カテゴリの記事

Comments

おめでとうございます。
スカパーでちゃんと見てました。

Posted by: さいとー | March 28, 2007 at 10:20 AM

さいとーさん

ありがとうございます。地味なクラスですが、
見てくれている人はいるものですね。

Posted by: 入江たのし | March 29, 2007 at 07:16 PM

無念っ!
この瞬間をフィルムに収めたかった
というのに。ほかの曜日ならば、と
悔しい事しきり
次は初の連勝の瞬間を狙いますか
とにもかくにもおめでとうございます
「勝ち」馬主の仲間入り
ですね。

Posted by: 吉田雅彦 | March 30, 2007 at 12:58 AM

吉田雅彦さん

ありがとうございます。これは勝てそうという時に勝てず、
ご迷惑をかけましたが、このあたりのクラスでは力が上、
と思いたいものです。

Posted by: 入江たのし | April 02, 2007 at 09:06 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24738/14433505

Listed below are links to weblogs that reference オベリスクライト初優勝:

« 悔しくもないタテ目 | Main | ブルーな木曜日 »