« 靴修理から魔窟散歩 | Main | 悔しくもないタテ目 »

高松宮記念大予想

【零細馬主で馬券下手】

日経賞のネヴァブションの単勝に大勝負、510円もつき、
今年の収支が大幅プラスとなって、気を良くしての予想。
前売りオッズの一番人気が割れているところから見れば、
混戦と見えるが、消していい馬も散見される。
シーイズトウショウは香港まで行って、彼女の気まぐれに
つきあわされた。突然走るのをやめる病気は齢を重ねて
改善される事はないだろう。マイネルスケルツィは、
初距離、初コース、もまれ弱く不利な展開の逃げ馬。
初芝で馬場が思ったほど悪くならないスリーアベニュー。
これらは自信を持って消して、蹄の調子がよくなって、
本格化したエムオーウイナーを本命にとる。パドックで
落ち着いていればスズカフェニックスははずせないが、
それよりも果敢に穴を狙えば、内からアンバージャック、
サチノスイーティー、ビーナスライン、スピニングノアール、
ペールギュントまで馬連、馬単三連単を予想する。
プリサイスマシーンですか? 美姫の次は勝己かもね。

大井の馬たちは、月曜日のワールドエミネンス、
火曜日のオベリスクライトと出走。いずれも順調なだけに
トゥインクル初戦で何とかして欲しいものだ。

【肝硬変への道】

Ch. Grand-Puy-Lacoste ‘99(Pauillac)

|

« 靴修理から魔窟散歩 | Main | 悔しくもないタテ目 »

競馬」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 高松宮記念大予想:

« 靴修理から魔窟散歩 | Main | 悔しくもないタテ目 »