« 皐月賞で800万 | Main | 大人のテーマパーク »

バブル20年一回り

【零細馬主で馬券下手】

大井競馬場のトゥインクル・レースにはじめて行ったのは
バブル全盛の20年前だ。お世辞にもキレイとはいえない
スタンドの指定席。お世辞にもおいしいといえない売店前で
お世辞にもガラがいいとはいえない人々が行き交う。
連れてってくれた「下町の暴れん坊」は、怪しげな連中と
タメ口をききながら「とっておきの情報」を教えてくれる。
均じゃない的場を本線に、人気薄の情報馬を買うと、不思議と
それが突っ込んできた。してやったりと配当を見ると、
30倍はあるはずが、10倍を切っている。金融関係に勤める
という「さぶちゃん」は100万円入る財布と、ヴィトンの
ポーチをふくらませたり、空にしたり。ご丁寧に財布の
中味のジェットコースターぶりを、その都度見せてくれる。
カクテル光線が映し出す「金あまり」。明らかに異常だった。
大井競馬の友R_A氏と共に、「エルダークラブ」の新しい
「XandD」の内覧会に参加。2号スタンドの6階にできた
会員制のラウンジだそうだ。六本木の往年の不二家系列の
ディスコ「キサナドゥ」をにおわせる造語。バーカウンター
を中心としたラウンジに、4人くらいの個室と、ペア観戦の
大部屋。L-wingの個室よりもVIPルームの度合いが高い。
年間の会費が50万円。会員になると開催中毎日誰かを
連れてこられる、ということだ。会員審査があるようで、
往年の「さぶちゃん」は、今羽振りが良くてもどうだろう。
お腹にたまる食べ物がまだ用意されていないということで、
空きっ腹では酔っぱらいそう。一杯1000円の生ビールを
飲むだけで、馬券はまだしも飲食の売り上げには貢献せず。
オベリスクライトをはじめ、軸馬がことごとく4着に沈む
体たらくで、帰りに大井町駅近くの飛竜菜館
という飲み物
食べ物が250円均一という、新宿ジョイパックビル並の
中華料理で、オケラ気分を盛り上げる。そこでパチンコは
いかにハズレを盛り上げるのかで工夫しているが、競馬は
優勝劣敗の世界。それでも敗者に優しいサービスを投入
すべきでは、という結論になり、大人しく週末の満員電車
に揺られて帰館する。バブルの再来とは言われるが、
その質は往年とは、全く違う事を理解せねばならない。

【肝硬変への道】
Stag Leap Merlot'00(ナパ)
あまりにビールばっかり飲んだので、家に帰ってから
チビチビやって、ついつい飲み過ぎる。

|

« 皐月賞で800万 | Main | 大人のテーマパーク »

競馬」カテゴリの記事

Comments

「軸馬4着男」ことR_Aです。しかし見事に「4着病」でしたね。「4連複」があれば、全て的中していたのにな~。
とぼやきながら飲み食いするには飛竜采館はBESTですね。
(などと、感心している場合ではないです。絶対取り戻しましょう)

Posted by: R_A | April 23, 2007 02:36 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference バブル20年一回り:

« 皐月賞で800万 | Main | 大人のテーマパーク »