« 黒猫とイタ車 | Main | 自然にトリフジに足が向く »

フレンチな競馬

【零細馬主で馬券下手】
オベリスクライトは出走をパス。そしてディスパーロも、
イマイチ乗り味に不安あり、ということで放牧に出るそうだ。
という事で、純粋に鉄火場仕様で大井の羽田盃に突撃する。
戦前の狙いはアンパサンド。フランスの国民的歌手である、
Jean-Jacques GOLDMANのアルバムに「EN PASSANT」と
いうのがある。その中にはBONNE IDEEという曲があり、
その歌詞が1月初めから競馬で儲けて…、などというもので
お気に入りの一曲なのだが、そのアルバムの「アンパサン」
(通りがかり)かもとか、ひょっとして「抜かせない」なんて
意味があるのかも、とか勝手に考えて盛り上がっていたら、
「&」の記号の読み方で、ラテン語が語源とか。パドックでは
うるさいところを見せているが、前走のパドックを知らないし
発汗もなかったので、この馬からの枠単流し。結果は見事に
ゴール前で差し返されてウラを食らう。フリオーソは一応
押えたけれど、あまり良くは見えなかった。ダーレーの馬は
ちょっと出世すると、大事にしすぎるような気がする。
最終レースでも10番人気と1番人気を縦横無尽に押えるも、
3連単BOXを買ったため1着、2着、5着。サブタイトルの
馬券下手をいかんなく発揮する。現場で会った人々を無理やり
レース終了後、後大井町駅近くのLa Cantinettaに連行。
前から行きたかったところだったのだが、マスターが一人で
千客万来の対応をしていたため、大人しく軽く飲む。

【エセアスリートの日課】
バイク 15km

|

« 黒猫とイタ車 | Main | 自然にトリフジに足が向く »

競馬」カテゴリの記事

Comments

R_Aです。一昨日はお疲れ様でした。「外れても話題を取れる
馬券」を買わせたら、中々なものです(お互い)

さて、「アゲヒバリ」ちゃんの応援に、結局出撃してしまった
私も「好きですね」実際。で、これが最後の直線追い上げては来たもののやはりクビ差「4着」。「軸馬4着男」の汚名は返上できませんでした、、、。

「ビクトリアマイル」はずばり「アサヒライジング」と宣言しておきます。(また4ちゃくかな~と、早くも弱気)

Posted by: R_A | May 11, 2007 at 02:38 PM

R_Aさん

さらなる話題を東京プリンセス賞では提供しました。
しかし全く病膏肓ですな。3番人気2番人気1番人気で
万馬券ですから、ある意味おいしい馬券だったかも。
それにしても町田君はよくやりました。

Posted by: 入江たのし | May 12, 2007 at 10:16 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24738/15023767

Listed below are links to weblogs that reference フレンチな競馬:

« 黒猫とイタ車 | Main | 自然にトリフジに足が向く »