« 口紅と眉 | Main | 宝塚記念大予想 »

スポーツマンシップとは

【零細馬主で馬券下手】

ウオッカの宝塚記念挑戦で、ディープインパクトの時とは
また違う盛り上がりを見せている。特に女性から声がかかる
場合が多い。彼女達はダービーでも馬券を買ったり、買わず
とも応援していたりしていたようだが、男社会の中に敢然と
切り込んでいく姿に自分を投影できる、という人までいる。
寺山修司が言う「競馬ファンは、馬券を買わない。財布を
はたいて自分を買っている」という言葉を思い出す。彼の
トウメイの時代では、まだ考えられなかった現象だろう。
ディープは次元が違う走りをする、小さくて可愛い馬。
しかしウオッカは自分の夢を叶えてくれる可能性がある。
「凱旋門を考えるなら、ダービーはともかく、宝塚記念は
余計だ」という声もある。斤量の差があっても、使い詰め。
目に見えない疲れもあるだろうし、それが秋以降に大きな
負担になるという心配ももっともだ。しかし不可能に挑む
からこそ歴史は塗り替えられ、サラブレッドは進化する。
3歳牝馬路線を王道で歩み、そのあと牡馬を蹴散らすという
従来のパターンを逸脱するタマなのかどうか。角居師がそう
判断したなら、挑戦にはスポーツマンシップを感じる。

なんと宝塚記念の15分後に、大井競馬で2歳馬の
ディアオードリーがデビュー。例年よりちょっと早く
楽しみがやってくることになった。阪神競馬場にいるため、
残念ながらレースは見られない。そしてダイナミックスター
も着々と時計を出しているが、目の前でのデビューは
かなわなかった。フォーカルポイント、ディスパーロは
乗り運動に復帰する。ワールドエミネンスは木曜日に出走予定。

【肝硬変への道】


Trescone Lamborghini‘04(ウンブリア)

|

« 口紅と眉 | Main | 宝塚記念大予想 »

競馬」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference スポーツマンシップとは:

« 口紅と眉 | Main | 宝塚記念大予想 »