« ハローハローハロー | Main | 大井の不可解な敗走 »

年金が消えるのはアナログな台帳のせい

街頭演説というのは、あまり面白いと思うことがない。
ラジオ・パーソナリティと同じような、話芸でありながら、
結局は自分に投票してくれという宣伝だからなのだが、
今日は、はじめてといっていい演説上手な候補者に出会った。
噛んで含めるような言葉の使い方や、現政権の施策の矛盾を
メリハリの効いた抑揚で突くのだ。決して個人攻撃でなく、
なるほどと思わせる説得力に思わず立ち止まり、しばし耳を
傾けていた。そのきっかけとなった言葉は「消えた年金問題」。
5000万件の処理を1年ですませる、という空手形に対して、
その公約がいかに無謀なのかを、実例を交えて話すのだが、
曰く「事務所に支払ったはずの年金の記録を確認しにいった
ところ、古い手書きの台帳は、インクがかすれ、氏名はおろか
生年月日すら読み取れなかった」というもの。ボク自身
約20年前から住所録はPCでデータベース化しているが、
それまではルーズリーフやボロボロになったノートに、
書いては消ししていた。こうした旧式でアナログな
データベースは、大学の卒業生のデータを扱う部署で、
今もあると聞いた。姓が変わって卒業証明を取りに行って、
届けを出したにもかかわらず、結局上書きされていなかった
ことで目の当たりにしたそうだ。個人情報の取り扱いという
問題もあり、不確かなままデジタルベースへの変更もせず、
検索に非常に手間がかかるけれども、古いまま残っている
この種の台帳というのは、日本中のいたるところにあるはず。
不明になっていて、わからない、というのは、さもありなんだ。
依然社会保険庁の電話サービスはずっと話し中だし、
行列の出来る相談所は大変な事になっている。

【零細馬主で馬券下手】
大井競馬の東京ダービー。羽田杯ほど入れ込んでいなかった
アンパサンドは気になりつつも、トップサバトンから勝負する。
しかしゲートから出ず、2秒で今年の東京ダービーは終了。
中央の2歳馬のダイバーシティも小腸捻転で手術するなど
貧乏神がつきまとっているような気がする。

【エセアスリートの日課】
バイク 15km

【肝硬変への道】
Cote du Rhone Les Vin de Vieme'03
Ch. Les-Trois-Croix Fronsac‘99(ボルドー)
「なりた」で軽く食事。店内のお客さんが全員女性で
びっくりする。まあ厄払いか。

|

« ハローハローハロー | Main | 大井の不可解な敗走 »

Comments

R_Aです。

「なりた」での入江さんの人気者ぶりにはびっくりいたしました。それにしてもコストパフォーマンス良すぎ!

本日の10R、ワールドエミネンス単勝になけなしの100円
をSPAT4で購入しました(これで、残高100円)。
彼が勝利することで、運が変わるといいですね。

Posted by: R_A | June 07, 2007 06:12 PM

すみません。またご迷惑をかけてしまいました。
ようやく大本営発表があったのですが、向こう正面で
ペースががくんと落ちた展開に左右されたとの事。
大外枠ですし、やはり先行した方がいいので、
次走は巻き返します。という教科書通りの回答でした。

Posted by: 入江たのし | June 12, 2007 09:47 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 年金が消えるのはアナログな台帳のせい:

« ハローハローハロー | Main | 大井の不可解な敗走 »