« ソフト制作者としての自負 | Main | ある種「詰め込み」の必要性 »

時差ボケの一日

琵琶奏者の友吉鶴心さんの国立能楽堂でのコンサート。
気がつけば、デーモン小暮閣下の紹介ではじめて会った
ときから20年近くのつきあいとなる。当時から純邦楽の
枠にとどまらない活動をしていたものの、ベースはやはり
叙事詩の語り部であり、和の雰囲気がみなぎる人である。
もはや若手でもないが、芸の道は深いというか何というか、
演奏はようやく地に脚がついてきたと感じさせ、これから
まだまだ進化しそうだ。10年や20年では継続のうちに
入らないのだろう。毎度の事ながら、観客が若いのには
驚かされる。


-3kgで気合いは前走より上昇。そろそろ年内には
何とかしてほしい、オベリスクライト。

|

« ソフト制作者としての自負 | Main | ある種「詰め込み」の必要性 »

競馬」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ソフト制作者としての自負 | Main | ある種「詰め込み」の必要性 »