« ラジオの公開放送の原点 | Main | ディジェスティフの逆襲 »

惜しい2着

【零細馬主で馬券下手】

トゥインクル開催が終わると、パドックの真剣味が違う。
同条件で前走勝ったオーイノヒノマルがガチガチの1番
人気に推される中、我がオベリスクライトは20倍以上。
最終的には10倍台だったが、それでも2〜3番人気と
いうからには、厳しいファンの見立てが、伺われる。
例によって好スタート。しかし内枠から人気馬がハナを
主張すると無理に競りかけず、2番手を追走。馬体を
合わせて直線に向き、一気にスパートという段になって
脚色は衰えるばかりか2頭のマッチレース。結果は3着を
6馬身ちぎっての、3/4馬身差という2着である。
これはほとんど実戦での併せ馬で、調教以上の価値が
あるレースであった。タイムも良馬場で自己ベストを
更新。まあ、今週は2つ重賞があるので、タイムが出る
馬場であろう。調教師との打ち合せも話が弾み、餅代
稼ぎの師走開催に向け、調子が上がったのは大きい。
明日は、ワールドエミネンスの叩き二戦目である。


プラス5キロだが気合い乗りは十分

|

« ラジオの公開放送の原点 | Main | ディジェスティフの逆襲 »

競馬」カテゴリの記事

Comments

R_Aです。

VTR見ました。6連勝馬と、全く遜色のない2着。次走確勝は間違いないですね。ワールドエミネンスは格上挑戦ですか?
まったく人気にならないようですが、前走の2着は見所があったので狙う価値はありますね。

Posted by: R_A | November 28, 2007 at 09:05 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ラジオの公開放送の原点 | Main | ディジェスティフの逆襲 »