« ここまで晴れた有馬記念 | Main | 涙雨は雪には変わらない »

ラッキーカラーとラッキーナンバー

【零細馬主で馬券下手】

金運賭事運が強い乙女座という本日の占を信じて、ラッキー
カラーの紺色のセーターを着て中山入り。鉄板の1Rを取り
浮いた分で食事をする際、バキッと割箸が折れ、不吉な予感。
打ち上げの分のお金を取っておいて、全額を事前に予想した
有馬記念の買い目に入れる事にして、馬場状態とパドックを
チェックするべく、本番までのレースはすべて「ケン」。
そして覇気がないサムソンを切りウオッカも切り、穴っぽい
ところはちゃんと押さえてレースに臨む。チョウサンの逃げ
から始まり、これはペースが乱れて好位追走の馬と差し馬の
決着になると思いきや、買った先行馬は全てタレ、買わない
先行馬(マツリダゴッホとスカーレット)が残り万事休す。
競馬場で配られたレープロの浅田次郎のエッセイには、
「お祭り」だの「アグネスタキオン」だの書いてあるとか、
馬インフルの年だったから「ゴッホ」だった、という人々と
検量室前でご挨拶。さすがに皆さんおいでである。そして
今年1年の通算掛け金のプラス分から、宴会参加費を引くと
クリスマスイブ前に大人が持っている現金とは思えない額を
財布に残して、引退式の後に駆けつける。が、何と参加者に
8Rの83万馬券を300円的中させた御仁がいて会費無料。
「入江さん。肝硬変になるまで好きなのを飲んで下さい」と
言われて「クルマなので飲めないんです」と答え爆笑を誘う。
そういえば今日のラッキーナンバーは0。つまりチャラに
なり、支払いはなく、酒は飲めないということだったのだ。

|

« ここまで晴れた有馬記念 | Main | 涙雨は雪には変わらない »

競馬」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ここまで晴れた有馬記念 | Main | 涙雨は雪には変わらない »