« 春のG1シリーズが終わっても | Main | 新兵器導入 »

ラジオNIKKEI賞回顧

【零細馬主で馬券下手】
自宅から山手通りの地下を通って川口経由で福島。
日曜日の午前中に高速が空いているのはガソリン高の
影響だと思う。馬券勝負はメインの1Rのみ。
ダイバーシティは直線で内に入ってのびたが3着。
複勝勝負だったので馬券的には問題ないが、騎手の
位置取りについては、周囲からいろんなメールや
意見をもらった。正直大外だけに多少の距離のロスが
あってもぶん回して勝って欲しかったという気持ちが
ないわけではない。ただし一生懸命走る馬の、今回の
試金石としての内容は十分及第点。むしろここで勝ち
無敗を続ける事の方が、過大なプレッシャーを与え
そうで、これくらいの方が先々にいいかも知れない。
検量室前の横山典弘騎手のコメントで、新聞などが
報じていないものは「ハンデ戦だものね」「馬も人間も
雷が怖いもの」これをどう取るかは人それぞれだが、
勝たなければならないレースではない今回。十分に
結果を出してくれたと思っている。秋は王道である
セントライト記念から始動。楽しみだ。
夜は飯坂温泉だったのだが、本来は歓楽街のはずが
いい感じで鄙びていた。鯖湖湯隣の源泉かけながしで
癒され、早朝発で都心に戻る。

|

« 春のG1シリーズが終わっても | Main | 新兵器導入 »

競馬」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 春のG1シリーズが終わっても | Main | 新兵器導入 »