« 大新聞における重箱の隅つつき | Main | 第3のダート出現 »

ブリーダーズカップと第69回菊花賞大予想

【零細馬主で馬券下手】
毎年恒例のブリーダーズカップのためサンタアニタ。
2日連続のフェスティバルとなったが、初日での
メインは、A&Mレコード創始者のジェリー・モス氏
がまたもや繰り出した、破竹の勢いを持つ
ゼニヤッタの9連勝がかかったレディースクラシック。
そろりとスタートし最後方で待機。4コーナー手前で
エンジン全開で力の違いでゴボウ抜きというレース。
まるでダートのディープインパクトだった。
ゴール後会場はスタンディング・オベーション。
そしてウィナーズ・サークルに向かうオーナーに
Congratulations!と声を掛けて握手をした。
朝妻さんに報告しなきゃ…。
菊花賞は先週の特大馬券に影響されたのか、
穴馬と思っていた馬に妙に人気があるようだ。
ここはBOXで勝負する。
ノットアローン、シゲルフセルト、スマイルジャック
オウケンブルースリ、そしてダイワワイルドボア。

|

« 大新聞における重箱の隅つつき | Main | 第3のダート出現 »

競馬」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 大新聞における重箱の隅つつき | Main | 第3のダート出現 »