« 今年のシンポジウムはまた新しい切り口で… | Main | 敗因は鴨南蛮ざるかも »

第26回フェブラリーS大予想

【零細馬主で馬券下手】
前日最終オッズは上位5頭が単勝10倍以下である。
この中で「消し」はヴァーミリアン。基本的に7歳で
上積みがなく、このレースでは厳しいというの見立て。
もう一頭は穴人気のエスポワールシチー。4歳馬で
未知の魅力だけで重賞未勝利馬が勝てるほど、G1は
甘くはない。ということで、本命不在である。
だから軸馬はカジノドライヴ。前走マイナス22kg。
ということはよほどJCダートが「藤沢流」だったに
違いない。「能力だけでドバイには行けないもので、
ちゃんと調教してみたらキッチリ身体ができました」
というところだろう。勝つかどうかはともかく、
3着までに入らないようでは、まさに世界的な恥辱。
カネヒキリは川崎記念が、ひとつ余計との声もある。
年齢の割には休養もあるので、馬がフレッシュでは。
しかしヴァーミリアンとはちょっと違う意味で、
ここらでころっと負けることがあるかも知れない。
そこで強く推したいのがヒシカツリーダーである。
前走の根岸Sは前残りの競馬で差してきて2着。
ようやく本格化して、今が充実一途という雰囲気。
勝ちきった顔面神経痛を克服したフェラーリピサと
同様かそれ以上の評価を与える。あと気になるのが
キクノサリーレ。何より同じ東京ダート・マイルの
重賞を勝っているというのは侮れない。
カジノドライヴを1頭軸のマルチで3連単勝負。
ダイバーシティは今回も通過点でなければ困る。
ボクにとって明日のメインはアメジストSなのだ。

【エセアスリートの日課】
スイム1600m
一応馬に敬意を表して、距離を合わせてみた。

|

« 今年のシンポジウムはまた新しい切り口で… | Main | 敗因は鴨南蛮ざるかも »

競馬」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24738/44136341

Listed below are links to weblogs that reference 第26回フェブラリーS大予想:

« 今年のシンポジウムはまた新しい切り口で… | Main | 敗因は鴨南蛮ざるかも »