« 走ってわかる駅伝の魅力 | Main | セルメンは横顔がシラク似 »

フレンチが飲茶になって20年

香港点心飲茶Le Parc恵比寿店 (03-3780-5050)」。
飲茶のお店としては、生き延びているなあと思い、
久々に訪れたところ経営母体が変わっていて、
ここをフラッグシップに支店まで出来ていた。
テレビのロケやレストランウェディングなどの
需要は隣接する恵比寿公園があるおかげである。
しかし前の経営よりも確実に料理は進化している。
香港に食べに行く舌が肥えた人達も、「糖朝」の
ようなところだけでなく、B級グルメも網羅する
昨今は、ちょっとやそっとの「本格派」では
納得しないが、ここの焼きそばはいわゆる香港の
屋台のそれ。「同樂軒」で食べて以来ここでしか
食べる事がなかったが、香港通の友人曰く、
Happy Valleyの魚市場の上の階の屋台村の味。
まぁ日本で言えば築地場外に匹敵するところか。
しかしここはもともと「キュイジーヌ・ケンサム」
というフレンチ・レストランだったところ。
店長とよもやま話をすると、たまにはその当時の
お客さんが来るのだそう。近くでフレンチの店を
出したとかいう噂もあったらしい。
こういう店もふくめて、本当に東京グルメは凄い。

|

« 走ってわかる駅伝の魅力 | Main | セルメンは横顔がシラク似 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

Comments

こんにちは。20年前ケンサムのファンだった一人です。WEBでこの店の名に出会うのは、本当に入江さんのブログだけで寂しく思っていたのですが、へえぇ、店が変わっても来る方がいらっしゃるのですね。
中心の客層は、自分よりずっと大人の方々だったように記憶してるのですが...
私も今度Le Parc行ってみます。

Posted by: ほへ | March 04, 2009 05:23 PM

ほへさん

ご無沙汰しています。
やはりケンサムは「幻の名店」というところでしょうか。
さすがに1Fのウエイティング・バーもテーブル席だし、
椅子は中華風に変わってはいますが、内装はほぼそのまま。
2階に上がる階段の横はワインセラーのままですし、
壁にかかっている絵なんかも、フレンチレストランのそれ。
面白いなぁと思うのは、ものすごく古い事や、ここ10年の
動向に関しては、ネットの検索はとても役に立つのですが、
中途半端に古いと、全然ひっかかりませんよね。
きっと当時のスタッフは飲食業界にいらっしゃるはずです。
何かわかりましたらまた書きます。

Posted by: 入江たのし | March 04, 2009 06:07 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 走ってわかる駅伝の魅力 | Main | セルメンは横顔がシラク似 »