« 放送局も解散する時代 | Main | 「ラジオと地域情報メディアの今後に関する研究会」第2回 »

第27回フェブラリーS大予想

【零細馬主で馬券下手】
フェブラリーSの行なわれる東京競馬場のダート
1600mのコースについてもう一度確認したい。
スタート直後に芝がある。そしてコーナーが2回。
で、過去にこのレースを逃げ切った馬といえば、
メイショウボーラーのみ。その時は小雨で、
馬場は不良馬場。明日は良馬場が予想されるので
底力が要求されるレースで、スピードではなく
パワーが要求されると考えたい。
調子という意味では、サクセスブロッケンが一番。
問題は骨折明けの内田博幸騎手が、当日はこの
レースだけに騎乗する、という一点であろう。
完全復活ではないとみるか、去年リーディングの
トップジョッキーだから、出場するからには、
全力でここにかけてくるのか。後者だと考える。
やっぱり相手は、エスポワールシチーは外せない
けれども、芝路線からの転向組も含めて流れが
厳しくなるだろうと考えて、一角にとどめる。
穴っぽいところを探して3連単で狙いたい。
ダイショウジェット、テスタマッタ、スーニ、
グロリアスノア。
1頭1着固定、相手5頭のマルチ馬券の20点買いで
どうだろうか。

|

« 放送局も解散する時代 | Main | 「ラジオと地域情報メディアの今後に関する研究会」第2回 »

競馬」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 放送局も解散する時代 | Main | 「ラジオと地域情報メディアの今後に関する研究会」第2回 »