« 高くてウマいは当たり前、それでも日本より安いけど | Main | 非常時だから基本に忠実に »

ディズニー映画の「セクレタリアト」

日本公開が現状は未定の「セクレタリアト
去年10月の全米公開を全く知らないままでいて、
飛行機の中で出会ったのは、何かの導きかも知れない。
ダイアン・レインがオーナーとして、実家の牧場を
引き継ぐことになった顛末からはじまるストーリー。
レース映像が、記録映像を忠実に再現しているのは
「シービスケット」のようだが、よりアングルが
面白く撮れていて、それだけでも見る価値あり。
正直なところハイセイコーだけは同時代に生きたので
記憶にあるが、同い年のセクレタリアトに関しては、
31馬身差勝ちのベルモントSの事を後から知った。
額装した写真をアメリカでついつい購入してから、
クレイボーン・ファームに行き埋葬された場所で
墓参りをしたりもしたのは90年代になってから。
アメリカの70年代を象徴する出来事として、切手の
図案になり、ブリーダーズカップの記者会見場では
毎年それが拡大されてバックになっている。
素人馬主が向こう見ずに挑戦する姿と、類い稀なる
馬に巡り合えたチャンスをモノにしたアメリカン・
ドリームを描いたストーリーはいかにもディズニー
らしく、その演出、みんなが知っているハッピー・
エンディングも含め(いや40代以下は知らないか)
アメリカ競馬のオールドファンにはたまらいない
映画であろう。きっとゼニヤッタもまたこうした
映画になるに違いない。その時は是非スティングに
音楽を担当して欲しいものだ。「ソーシャル・ネット
ワーク」も2回見たが、こちらは日本語と英語で
2回見てしまった。

|

« 高くてウマいは当たり前、それでも日本より安いけど | Main | 非常時だから基本に忠実に »

競馬」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ディズニー映画の「セクレタリアト」:

« 高くてウマいは当たり前、それでも日本より安いけど | Main | 非常時だから基本に忠実に »