« 第63回朝日杯フューチュリティS大予想 | Main | 第29回フェブラリーS大予想 »

第56回有馬記念 大予想

【零細馬主で馬券下手】

ブエナビスタとオルフェーヴル最初で最後の2強対決。
そんな構図が伝えられたりするが本当にそうだろうか。
ピークを過ぎつつあり、差しても届かない可能性のある
引退レースの牝馬と、皐月賞が東京で行われた年の、
気性的におっかないところがある三冠馬。差し追い込み
同士で馬券が決着するというのは、東京2400mなら
十分にありえるが、あくまで中山2500mなのだから、
確たる軸に据える事すらためらわれるのだ。
本命はトーセンジョーダン。勝ったとしても不思議と
人気にならないが、レコードの反動もなく前走見せた
あの粘り腰には舌を巻いた。充実のシーズンを迎えた
と見てよいのではないだろうか。
対抗は勝っても何の不思議もないヴィクトワールピサ。
全4勝が中山、というのはまるでマツリダゴッホのよう。
こういう小回りで器用に立ち回れる脚があるという事で
強い世代の4歳馬が、ドバイの感動を再現するかも。
冒頭の2頭はあくまで2着以下の候補として、馬券は
トーセンジョーダンとヴィクトワールピサをアタマに
ブエナビスタ、オルフェーヴル、エイシンフラッシュ、
トゥザグローリーの4頭で馬単、3連単で勝負する。

|

« 第63回朝日杯フューチュリティS大予想 | Main | 第29回フェブラリーS大予想 »

競馬」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 第56回有馬記念 大予想:

« 第63回朝日杯フューチュリティS大予想 | Main | 第29回フェブラリーS大予想 »