« 第29回マイルチャンピオンシップ大予想 | Main | 第13回ジャパンカップダート大予想 »

第32回ジャパンカップ大予想

【零細馬主で馬券下手】

海外競馬を毎年見に行っているのだからジャパン
カップは得意でしょうね、とよく言われる。否!
ならば毎週トレセンや競馬場に詰める競馬記者は、
連戦連勝でなければならないはず。しかもボクが
見に行くのはアメリカ中心なので、JCにほとんど
出走がないブリーダーズカップ組は馬券に関係が
ない。残念だが英仏の競馬は、ご無沙汰なのだ。
それはさておき、今回の海外勢を見渡してみる。
パンパンの良馬場でもなく、欧州並のソフト馬場
にはなりそうもないレース当日。勝ちきれそうな
外国馬はたった1頭しかいない。レッドカドー。
血統背景で重厚な馬が多い中、快速馬のカドー
ジェネルーを父に持ち、母父が凱旋門賞馬である
パントレセレブルなら府中の2400mに合いそう。
しかもダンロップ厩舎といえば物見遊山と違い、
ウィジャーボードやスノーフェアリーで日本の
馬場を知り尽くした上、送り込む陣営で不気味。
そしてJCは、何故かセン馬が活躍するのである。
同じセン馬でも父モンジューのマウントアトラス
とか、出走してもコロリと負ける凱旋門賞馬の、
ソレミアは、馬場が悪化しなければ消していい。
3歳馬ではフェノーメノのみ。牡馬とG1初対戦
ジェンティルドンナにアタマはないといえる。
問題のオルフェーヴルは激戦の疲れがどうなのか
パドックまで結論を持ち越したい。終ってみれば
あっけなく勝つ事も、また惨敗もあるかも…。
エイシンフラッシュについては、ダービー勝ちと
去年の有馬記念2着から、この条件はびったり。
あとはルーラーシップまで圏内だろう。
レッドカドー、フェノーメノ、オルフェーヴル
エイシンフラッシュ、ルーラーシップ、そして
連下にジェンティルドンナという6頭を当日の
気配を見ながら、組み合わせつつ三連単で勝負。
アカーリ氏が馬主の大人気薄、赤い枠に入った
レッドカドーの単複。レッドカードではなく
Cadeaux(贈り物)を受け取りたいものだ。

|

« 第29回マイルチャンピオンシップ大予想 | Main | 第13回ジャパンカップダート大予想 »

競馬」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24738/56177674

Listed below are links to weblogs that reference 第32回ジャパンカップ大予想:

« 第29回マイルチャンピオンシップ大予想 | Main | 第13回ジャパンカップダート大予想 »