« ラジオの2013年3月問題 | Main | 21年間分のありがとう(続編) »

21年間分のありがとう

【ラジオデイズ】

 ニッポン放送の社員を辞めて以来20年以上携った
一社提供の全国フルネット番組「Suntory Saturday
Waiting Bar AVANTI」の終了が公になった。
こうしたゴージャスで「どうやって作っているのか」
「同じような番組を作りたい」とプロのクリエイターに
声をかけてもらう番組は、なかなか現れないだろう。
またボクにとっても、番組の聞き役という、ある種の
インタビューアー的な立ち位置も経験する事が出来て
たくさんのユニークで、興味深いエピソードを聴く、
という機会に恵まれたうえ、スタッフの一人として、
そして出演者のはしくれとしてとても勉強になった。
「生・ワイド・パーソナリティ」が王道のラジオ番組
という方程式に「録音・箱番組・ゲストが主役」と
真逆の設定で挑んだ、というのは後付けの理屈だが、
それだからこそ特徴的で、真似されるような番組に
なったのではないかといえるだろう。
大きな時代の変革期が到来した、という気がするが、
何はともあれ長年支えていただいたサントリーさんに
感謝したい。

【エセアスリートの日課】
スイム 2100m

|

« ラジオの2013年3月問題 | Main | 21年間分のありがとう(続編) »

ラジオ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24738/56958991

Listed below are links to weblogs that reference 21年間分のありがとう:

« ラジオの2013年3月問題 | Main | 21年間分のありがとう(続編) »