« 第150回天皇賞(秋)大予想 | Main | 盛装して食す肉塊 »

ニューヨークでカンザスを喰らう

ロウワー・マンハッタンにある「Strip House」
何と「ストリップ小屋」という店名。行って見て気がついたのだが、
向かいはあの有名な「Gotham Bar & Grill」でそちらの方が派手。
店に入ると赤い内装とビロードの腰かけ、というなんともはや
エロい空間である。だから父親の誕生日に訪れるという雰囲気では
ないかも知れない。事実ボクの隣りは「肉食女子の4人組」だった。
ステーキのメニューに「Tボーン」がないので、ここはやっぱり
骨付きの肉を所望する。ここではそれを「Bone-In」と言うようだ。
ステーキ・メニューでよく聞く「ニューヨーク・ストリップ」が
恐らくここではオススメかと思いきや、ウェイター曰く「本日は
ドライエイジングの22ozカンザス・ストリップがスペシャルです」
というプレゼンテーション。よくよくメニューを見てみると、
ここはウェットとドライの2種類のエイジングを揃えている。
カンザスとは何かと質問したところ「Bone-In」との答えに迷わず
それをミディアムでオーダーする。熱くない白いお皿に乗って供され
だからといってもディップが大量に出てくるというワケではない。
しっかりと焼かれたステーキは、ホントに何もつけなくても大丈夫。
どうして今までここに来なかったのか…。
ジャズボーカルの代わりにロックが、白髪のウェイターの代わりに
網タイツのウェイトレスが。これはオーセンティックでオイリーな
ステーキハウスのイメージとは違うが、ステーキとは妖艶なもの。
そんな魅力を堪能した夜だった。

P1000102_6


|

« 第150回天皇賞(秋)大予想 | Main | 盛装して食す肉塊 »

ステーキハウス」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24738/60612987

Listed below are links to weblogs that reference ニューヨークでカンザスを喰らう:

« 第150回天皇賞(秋)大予想 | Main | 盛装して食す肉塊 »