« 伝説の「Grand Ole Opry」公開生放送を見る | Main | 第33回 フェブラリーS大予想 »

テネシーの夜も和牛がウリとは…

【ステーキは素敵だ】
ナッシュビルの「Kayne Prime Steakhouse」。
駅舎と反対側にある殺風景なロケーションも含めて、
「Music City」そのものでサザンホスピタリティが
あふれたダウンタウンとはひと味違うオシャレ感満載。
スペシャリテは前菜のカリカリベーコンの綿菓子乗せ。
メインの肉はでオススメされたのはやっぱり和牛。
でもドライエイジの、骨つきテンダーロインを
頼んだのだが、なんでもオハイオ州コロンバスの
Michael's Meatsという問屋のブランド肉だそうだ。
ブロイルした後にグリルされた肉塊はかなり分厚い。
外側の焦げ目があるが、かといって中身の火入れは、
完璧なレアだ。バターやわさびなど三種類のソースを
少しずつかけながら食べる事にした。でもそのままが
美味しくて、もったいなくも、ソースを残してしまう。
ナイフがすっと入り、肉汁がこぼれないのがさすが。
サイドメニューの芽キャベツの炒め物をばくばく食べ、
とうもろこしを運ぶ貨物列車がガラス越しに通り過ぎる
のを眺めながら、アルゼンチンのマルベックを飲む。
アメリカ南部にいるのを忘れてしまいそうでいて、
肉がしっかりとリマインドしてくれる一時だったが、
ここでWagyuだとそれも吹き飛んだかも知れない。

|

« 伝説の「Grand Ole Opry」公開生放送を見る | Main | 第33回 フェブラリーS大予想 »

ステーキハウス」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference テネシーの夜も和牛がウリとは…:

« 伝説の「Grand Ole Opry」公開生放送を見る | Main | 第33回 フェブラリーS大予想 »