« テネシーの夜も和牛がウリとは… | Main | 第46回 高松宮記念大予想 »

第33回 フェブラリーS大予想

【零細馬主で馬券下手】
コパノリッキーの3連覇か、モーニンで世代交代か。
はたまたノンコノユメが突っ込んでくるのか。
2強での決着が難しくても、3つ巴ならあり得る。
しかし3頭の脚質を考えれば、可能性は低いだろう。
モンドグラッセ、コーリンベリーなどが逃げて、
そこにコパノリッキーがからむという、先行争いが
厳しくなるメンバーであるのは確かだけに、この
3頭あたりの残り目は厳しいと言わざるを得ない。
それなら軸はその後ろで虎視眈々のモーニンだ。
下級条件でこそ能力上位のたるに、抑え切れずに
早めの競馬をしていたけれど、前走の出遅れ気味で
勝ちきった内容が、ここへの収穫となったであろう。
狙い澄ました挑戦の感があるベストウォーリアが
相手筆頭。このレース3度目の正直となる展開が
この馬に向いてくれるかもしれない。ノンコノユメ
はなんだかんだで馬券になる可能性は大と見る。
穴っぽいところでは連勝中の牝馬ホワイトフーガ、
アスカノロマン、そしてタガノトルネールまで。
14番から、5番んが本線、2、4、7、13まで。
それもそうだが、9RヒヤシンスSのラニが楽しみ。
ここからアメリカ三冠に向かって欲しい。

|

« テネシーの夜も和牛がウリとは… | Main | 第46回 高松宮記念大予想 »

競馬」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24738/63240950

Listed below are links to weblogs that reference 第33回 フェブラリーS大予想:

« テネシーの夜も和牛がウリとは… | Main | 第46回 高松宮記念大予想 »