« 第18回ブリーダーズカップフィリー&メアターフ大予想 | Main | 第41回エリザベス女王杯大予想 »

ホワイトオークで焼くTボーン

ロサンゼルス郊外のパサデナに来てのステーキといえば、
昨今Arroyo Chop Houseが定番になっているが、
新規開拓もこめてLangham Hotelの中にあるRoyce。
北海道のチョコレートみたい、しかもホテルの中と思うも
名前にWood Firedと書いてあるので行くことにした。
38ozの二人前T-boneはカリフォルニアのオールナチュラル
というプライム・ビーフ。焼き上がりがまず膨らんでいる。
ブロイルしたりオープンに入れたりでは決してあり得ない
雰囲気にまず声が出てしまった。切り分けてサーブされた
フィレとロースのいずれもしっかりと肉汁が閉じ込められ、
僕の好きなオーランドのチャーリーズと同じような仕上げ。
ピーター・ルーガーのようにオープンを使うわないので
脂身がジュースのように滴る、という種類とは正反対。
後で説明を聞いたところ、ホワイトオークが8割で、
ヒッコリーが2割という薪のみで焼き上げ、そのグリルは
テキサス製でカリフォルニアではここだけといわれる。
かなり大きめのグリルで野菜や魚もそれで焼くらしいが、
換気扇がかなり大型なので空気の対流が起こるはずだ。
ネイティヴ・アメリカンは薪で焼くのが、バーベキューを
はじめとした肉焼きの基本、とチャーリーズで言われたが
まさにそれを再確認した形。
ワインはジンファンデルに特化したというTurleyの
‘Cedarman’ Zinfandelを勧められたが、これがまた
スパイシーさはあるものの果実味あふれなかなかなもの。
アルゼンチンのチミチェリソースで食べればよかった、
と後悔したので、必ず再訪をと誓った。



|

« 第18回ブリーダーズカップフィリー&メアターフ大予想 | Main | 第41回エリザベス女王杯大予想 »

ステーキハウス」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ホワイトオークで焼くTボーン:

« 第18回ブリーダーズカップフィリー&メアターフ大予想 | Main | 第41回エリザベス女王杯大予想 »