« 第17回チャンピオンズC大予想 | Main | 第68回朝日杯フューチュリティS »

第68回阪神ジュヴナイルフィリーズ、香港も含めて1日にG1が5レース全て大予想

まずこの時期に一流馬が集う理由を考えたい。正直なところ
JCの初期のように、ホームのメンバーはあまり強くないが
賞金が多いという理由で招待だし外国馬がやってくるという
時期もあった。でも今は香港競馬の掉尾のを飾るレース。
つまり日本でいう有馬記念のお祭りのようにここが香港馬の
目標であり「負けられない戦い」ということを肝に命じたい。

●香港4R香港ヴァーズ
実力ではハイランドリールが断然。前走ブリーダーズCターフは
逃げて潰れるかと思ったら、なんのことはない圧勝。だからこそ
キングジョージ、凱旋門賞、BCターフの見えない疲れがあるかも。
本命はシルバーウェーヴ。凱旋門賞は馬場があわなかっただけで
13着で人気の盲点となれば面白い。もちろんハイランドリールは
対抗だが、馬群に沈むことは考えられる。オークス馬で実績ある
ヌーヴォレコルトには勝機あり。BCではパドックで騎手騎乗の
タイミングがあわず逆戻り、という場面をたまたま間近で見たが、
経験がある香港ではそういう不手際はないだろう。外枠もいい。
前走競馬にならなかったサトノクラウンもモレイラ騎乗でここは
押さえておかないとならない。あとはビッグオレンジと前崩れで
差してくるフレイムヒーローを拾いたい。
2番から1番、13番、4番、3番、9番

●香港5R香港スプリント
どんなに人気があっても日本馬の出番がないレースと見た。
これぞ短距離主体の香港の年末の大一番。日本のオッズで日本馬
が人気になれば、ぜひともそれを外して買いたいものだ。
ビッグアーサーは、連覇したロードカナロアのレベルではない、
ということをしっかりと認識したいものである。
本命はラッキーバブルズ。これは究極の上り馬で、オートラリア
でも強敵相手に2着した世界基準の短距離王。もちろん地元代表
としてここが目標。対抗は前走人気薄でこれを負かした伏兵の
ノットリスニントゥーミーで、こちらが勝ってもおかしくない。
続くのはアメージングキッズ、レベルデイン、テイクダウン、
ペニアフォビア押さえについていないエアロヴェロシティまで。
香港馬中心でオーストラリア馬に付け入る隙があれば、である。
ビーグアーサーは3連単で3着に入ればいい方だと考えたい。
2番から、4番、5番、7番、12番、3番、1番、6番

●香港7R香港マイル
去年のモーリスが見せた強さが忘れられないが、今回はカップに
出走するということで、これもまた香港馬の出番となりそうだ、
国際レースの4つに共通していえるのがとにかく騸馬が多いこと。
一昨年の覇者エイブルフレンドのリベンジに期待したい。
一度叩いてここが目標というのがありあり。騸馬の年齢はむしろ
歳を重ねることで良化することもあるのが世の常である。
とはいえコンテントメント、ロゴタイプという馬も実力的には
あまり差がないので、ここは5頭BOXで勝負したい。あと3頭は
ビューティーオンリー、サンジュエリー、ロマンチックタッチ。
1番、2番、3番、13番、11番を平らに。

●香港9R香港カップ
去年エイシンヒカリが単勝3870円という超人気薄で逃げ切り、
なぜそんなに人気薄なのかと単勝と1着付け3連単を握りしめて
大騒ぎしたレース。2着になったヌーヴォレコルトかヴァースに
まわり、かわりにモーリスがここにやってきた。世界中でこの
個性的な馬と喜怒哀楽を共にしてきただけに、引退レースの
今回は是非買いたいが、1着か着外かの選択でいいと思う。
モーリスには差し切る実力があるが届かず2着もありうるが、
エイシンヒカリには1着以外にはありえない、という馬券で
日本と香港のオッズを見ながら目前の最内からの最後の逃げに、
ハラハラしたい。デザンオブローム。シークレットウェポン、
ホースオブフォーチュン、クイーンズリングまで3連単を
フォーメーションで狙いたい。
1番、2番、3番、8番、12番を基準に

●阪神11R第68回阪神ジュヴナイルフィリーズ
とにかくフランケル産駒なのである。
イギリスだけで14戦14勝。全てが1番人気で、うち10個がG1。
生涯で2着につけた差の合計が76馬身以上で堂々種牡馬入り。
などイギリスのディープインパクトなんてなものではないのだ。
日本で初年度産駒の2歳馬は4頭、そのうち2頭が今週と来週で
出走するという規格外の器がどこまで開花するのかが見もの。
ということで軸は内枠でもソウルスターリングでいいだろう。
相手は大外のリスグラシューが筆頭だが、それ以外はひねって
人気薄も拾いたい。穴は1勝馬で滑り込んだジャストザマリン、
他には外枠でヴゼットジョリー、ジューヌエコール、
レーヌミノルなど。
2番から18番は本線で、4番、9番、13番、15番

ここで1日の5つのG1。こうしたあり方は毎週均等の日本競馬に
一石を投じる事件だ。海外馬券発売によって売上高が多いから
ではなく、その懐の深さまで伝えているだろうか。13頭という
史上最多の日本馬出走に沸き、全部の馬が勝ちそうな報道を
しているほとんどのメディアに反して、現地レポートも含めて
JRAの海外競馬サイトの充実ぶりはハンパない印象がある。
だからこそ、今のカジノ(IR)法案の是非の議論と同時に
「数字が勝ち負けを背負って動き、それに賭ける」という
日本のギャンブルのあり方を根底から見直すべき時期が訪れた
といえるのかもしれない。

|

« 第17回チャンピオンズC大予想 | Main | 第68回朝日杯フューチュリティS »

競馬」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 第68回阪神ジュヴナイルフィリーズ、香港も含めて1日にG1が5レース全て大予想:

« 第17回チャンピオンズC大予想 | Main | 第68回朝日杯フューチュリティS »