« 第68回朝日杯フューチュリティS | Main | 第34回フェブラリーS大予想 »

第61回有馬記念大予想

普通に考えればキタサンブラックとサトノダイヤモンド、
そして昨年王者のゴールドアクターの三つ巴の戦いだろう。
また1枠1番を引いたキタサンブラックが1番人気である。
展開から考えると逃げなければどうにもならないのが
マルターズアポジー。ひょっとして大逃げになって、
向う正面のリード次第ではスタンドを沸かすことに
なるかも知れないが、有力馬は先行馬が多く、後ろに控え
牽制し合う間に逃げ切りを許してしまうという展開は
今回に限って考えにくい。2番手がキタサンブラック、
それを虎視眈々とゴールドアクターが追いかける、
という隊列になりそうだ。
3コーナーからスピードが上がる場面で逃げ馬が馬群に
飲まれる時、ロングスパートで上がって行く馬は何か。
そして控えた馬が驚異の末脚で差し切ってしまうのか。
波乱の要素はそこにあると考える。
一旦先頭に立つのはキタサンブラック。直線の坂の上で
足色が鈍る可能性があるのは、見えない疲れ、それとも
強すぎたJCの反動。一抹の不安はそこにある。
サトノダイヤモンドは早めからいい足が使えるかどうか、
そのイメージが湧かず、まだ3歳で古馬との力関係で
全幅の信頼は寄せられない。
直線先頭に立って押し切るのはゴールドアクターと見る。
キタサンブラック、サトノダイヤモンドがそれに続き、
連下に突っ込んでくる可能性があるのはヤマカツエース、
サウンズオブアース、ミッキークイーン、サトノノブレスまで。
2番から1番、11番が本線で、4番、6番、8番、12番

|

« 第68回朝日杯フューチュリティS | Main | 第34回フェブラリーS大予想 »

競馬」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 第61回有馬記念大予想:

« 第68回朝日杯フューチュリティS | Main | 第34回フェブラリーS大予想 »