« 第1回大阪杯大予想 | Main | 第77回皐月賞大予想 »

第77回桜花賞大予想

【零細馬主で馬券下手】
桜花賞は名前のごとく、阪神競馬場のレース時はいつも満開。
「世の中にたえて桜のなかりせば 春の心はのどけからまし」
在原業平の歌である。魔の桜花賞ペースや春先の3歳牝馬という
イメージが先行するのか「のどけからまし」とはいかない。
とはいえソウルスターリングはこのメンバーでは勝負づけが
終わっているというのが正しい見方。最大のライバルといえる
ファンディーナが皐月賞に挑戦することなのでここは軸不同。
唯一の不確定要素は馬場だが、母の父がモンズーンだから
大丈夫というのは気休めだというのは「名牝」には失礼かも。
絶対的な能力の違いで不安を打ち消してくれるはずだ。
相手は難しいところで、未対決のアドマイヤミヤビだが、
2強というほど力関係で他馬から抜けているとは思えない。
同じフランケル産駒のミスエルテ、重馬場に適性のありそうな
唯一のディープ産駒カワキタエンカとジューヌエコール、
チューリップ賞の再現という意味でミスパンテールまで。
「ちはやぶる神代も聞かず竜田川からくれなゐに水くくるとは」
という歌もあり、カラクレナイという馬は気になるのだけれど
「唐紅」は「紅葉」のことだから、秋華賞での期待となろう。
リスグラシューは前走内容が不満なので評価を下げたい。
馬券的には14番を1着固定で相手1番、4番、15番、16番。
そして3連単ならば、6番と8番は3着にといきたい。
第77回だから枠連の7-7というベタな結末もあるけれど、
3倍台では食指が動かないので、無敗の桜花賞馬を拝む
というのが一番正しいのかも知れない。

|

« 第1回大阪杯大予想 | Main | 第77回皐月賞大予想 »

競馬」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 第77回桜花賞大予想:

« 第1回大阪杯大予想 | Main | 第77回皐月賞大予想 »