« 第60回宝塚記念大予想 | Main | リニューアルされたホノルルのショッピングセンターで肉を食らう »

住宅街のステーキハウス

【ステーキは素敵だ】
ほとんど日本のステーキハウスの記事を載せないせいか、日本で食べるならどこがおいしいですか、と質問されることが多く、また答えに窮することも多かった。アメリカのステーキハウスの日本の支店、というのも最近では多くなり、検疫の関係などで一時期よりは「ホンモノ」が食べられる、ともいえる。しかし値段が本国の倍、というのでは、来日ミュージシャンの公演チケットみたいで、どうなんだろうと思う事も多い。
そしてヨーロッパでの熟成肉に関しては、いきおい高齢の牛を使うということもあって、日本に入って来る条件としての年齢を満たしていない場合がほとんどなので、特殊なイベントでもない限り日常でそのステーキ肉にめぐりあう事はないだろう。
それでは日本でそうした肉を流通させているところを調理しているなら間違いがない、となるのだ。ひとつには前述のサカエヤ、そしてもうひとつが北海道のエレゾである。その両方を扱う店が井の頭線の西永福駅の北口にできた「le meuglement(ムーグルモン)」である。店主の中森さんは「カルネヤ」「祥瑞」にいたということで察しがつく通り、これから焼く肉を見せてもらい、がっつりとビオワインでいただくというスタイル。一人で切り盛りしているので、すっかり口コミが評判を呼んで瞬く間に予約がなかなか取れない店になってしまった。
ねっとりとして熟成感のあるステーキ肉はなかなか食べられないので、わざわざ行く価値もあるのだが、できればご近所でふらっと寄れるような店だとありがたいなぁ、と思う。

Img_0557_20190819134501

|

« 第60回宝塚記念大予想 | Main | リニューアルされたホノルルのショッピングセンターで肉を食らう »

ステーキハウス」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 第60回宝塚記念大予想 | Main | リニューアルされたホノルルのショッピングセンターで肉を食らう »