« Clubhouseが教えてくれたこと | Main

第38回フェブラリーS大予想

【零細馬主で馬券下手】

木曜日に愛馬スーパーフェイバーが姫路競馬で初勝利。今年の初勝利となった。新馬戦で最下位だったレースのタイムをさらに下回るが、未勝利の身で交流戦に出走し、何とか決めてくれたのはさすがの矢作厩舎。血統の奥深さで選んだとは言え、厩舎力がなければなしえなかった勝利で、なんとか首が繋がったといえるだろう。

で、本題だが、何とも悩ましいレースとなった。メンバーは一長一短。一応4歳馬のカフェファラオが一番人気だが、古馬を一蹴するだけの強さが感じられず、馬具に頼るコメントを読む限りは本命に推すことができない。さりとて古馬に断然の実績があるわけでもなく、展開を考えると、毎回結果が違うような流れになるような気がしないでもない。

となるとここは距離の実績に不安があるものの、本命には差し馬のレッドルゼルを抜擢する。インティが逃げて緩い流れにはならないだろうから、末脚が炸裂することに期待したい。相手は連勝中で勢いのあるオーヴェルニュ。特殊なコースではない東京マイルだが、リピーターが好成績を残していることを考えると、サンライズノヴァとインティも押さえる必要があるだろう。あとは当該コース実績上位のアルクトス、カフェファラオはそのあたりの押さえまで。穴にはワイドファラオくらいか。くりかえしだが、穴狙いで大振りをするレースではなさそうだ。

馬番では16番を軸にして、14番、2番、9番、6番、3番、8番。

|

« Clubhouseが教えてくれたこと | Main

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« Clubhouseが教えてくれたこと | Main