« 第169回天皇賞(春)大予想 | Main | 第29回NHKマイルカップ »

第150回ケンタッキーダービー大予想

近年日本馬が出走しケンタッキーダービーの馬券を買えることになってよかったが、別に日本馬が出なくても売ってもいいのではないかと思う。しかしダービーに限っては、アメリカ三冠へのロードマップが決まってから、その後日本のダート三冠路線が整備されたのというのは何とも複雑な心境だ。ここ数年でのアメリカにおける日本馬の活躍を見るに、まだまだその適性が推し量れないところがあるともいえる。

馬場適性を考えるに、ドバイやサウジアラビアのダートがチャーチルダウンズのそれに関連するとは思えない。むしろ西海岸の競馬場のダートの方が関連性が高いのでは、というのが持論だ。なのでフォーエバーヤングの強さは認めるとは言え、王手とまではいかないのではないか。そこで本命は東海岸で絶対的な強さを誇り、去年のBCジュベナイルこそ西海岸だったフィアーネス。そこで見たからというワケではないが、今年になってのガルフストリーム競馬場の前哨戦で大差勝ちをしただけに問題ないはず。ここは馬券の軸に最も相応しい。

相手はそのチャーチルダウンズの実績からオナーマリー、逃げがハマればトラックファントム、プラ騎手ということでキャッチングフリーダム、後ろから行く極端な競馬だがシエラレオーネ、そしてフォーエバーヤングまで。
馬番では17番から7番、12番、4番、2番、11番。







 

 

|

« 第169回天皇賞(春)大予想 | Main | 第29回NHKマイルカップ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 第169回天皇賞(春)大予想 | Main | 第29回NHKマイルカップ »