競馬

第35回フェブラリーS大予想

【零細馬主で馬券下手】
冬季五輪でようやく金メダル。だからゴールドというワケではないが、本命はやはりゴールドドリームだいきたい。去年のベストダートホースとはいえ、ムラっ気があるだけに前走でムーア騎手がつかんだ感覚をうまく再現できれば、連覇の可能性は高いと考える。内で逃げるケイティブレイブを見ながらの競馬は、ベストの舞台で実力を発揮できるはずだ。
世代交代で4歳馬のサンライズノヴァが人気になってはいるが、同じ人気馬で上位に取りたいのはテイエムジンソクで対抗評価。近走の好調ぶりもさることながら、逃げても2番手でも粘れるという自在な先行力がはじめての東京マイルのダートでも光るはずだ。そして6歳でもセン馬だけに若々しいノンコノユメは、前走より更に斤量が減るだけに捨てがたい。速い流れで締まったダートであれば本命候補まで、と考えたが天候を考えれば、単穴が妥当なところか。ミナリク騎乗のサウンドトゥルーは8歳馬だが連下に。そして忘れてはいけないのが人気薄でもレッツゴードンキ。このレースは意外と芝馬の実績馬が侮れないので、押さえておきたいと思う。
馬券は14番から10番、12番、13番、5番と16番。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

第34回ホープフルステークス大予想

【零細馬主で馬券下手】
なぜ34回目かというのは各自検索していただくとして、兎にも角にも有馬記念の後にもう一度あるG1は、この条件ではデータがほとんどない。しかもディープ産駒が1勝馬が1頭のみ、とあれば、ギャンブルの出番だと思う。
本命はジャンダルム。あのビリーブの子供である。母が短距離だからとはいえ、前走の落馬を避けた器用な立ち回りと上がりの脚を見るからに、中山2000ならこなせそう。キタサンブラックのように母系に関係ない活躍を期待したい。
相手本命は思い切ってトライン。大器の片鱗を見た新馬戦のフレッシュさで、思い切って抜擢したい。良血馬ルーカスも回避から一転の出走にもかかわらず、人気だが侮れない。あとはタイムフライヤー、ウォーターパルフェ、フラットレーまで。
15番から5番を本線に3番、7番、10番、11番。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

第62回有馬記念大予想

【零細馬主で馬券下手】
こんなことがあるのだろうか、というくらいの武豊騎手のくじ運である。どの陣営も内枠が欲しいという中山2500メートルの内回り。公開抽選はまるで日ハムのドラフトのようだったが、1枠2番を引き当てたのである。しかもトーセンビクトリーやカレンミロティックが近くにいないので、マイペースですんなり先手が取れそうだ。しかも週末はずっと天気がよさそう、とくればキタサンブラックの引退レースのお膳立てが全て整った、といってもよさそうだ。もちろん競馬だから何があるかはわからないが、他の馬の大駆けがあったとしても、自身が能力を引き出せない不安は皆無といっていい。ここで軸にキタサンブラックを推さないのは、予想ではなくいいがかりだ。
相手は人気でもシュヴァルグラン。前走では器用な脚を使ったのだが、これは鞍上ボウマンのなせる技。父ハーツクライというのもまたあのディープインパクトの敗戦を彷彿とさせるだけに、逆転まであるかも知れない。そして父ハーツクライでもう一騎はダービー2着のスワーヴリチャード。こちらは勝ちきるまではいかないだろうが連下には押さえておきたい。「北」村騎手が手綱を取るルージュバックは、復活の狼煙を上げた勢いがある。なぜか牡馬相手だと激走がある。そして去年4着のヤマカツエースも当日の気配次第で押さえまで。
2番10番を本線として、1番、11番、14番。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

第69回朝日杯フューチュリティS大予想

【零細馬主で馬券下手】
臨戦過程、実績、ディープインパクト産駒、調教内容などの要素から、ダノンプレミアムの本命は揺るがない。軸として適切だろう。
とはいえ相手は工夫したい。対抗はダブルシャープ。叔父がメジロベイリーという朝日杯勝ちの血統に、今年40歳にしてキャリアハイの勝利数を挙げている和田竜二騎手が鞍上。厩舎は和田テイエムオペラオーのライバル、ナリタトップロードの渡辺薫彦調教師だ。物語で買うのではない。クローバー賞では人気馬タワーオブロンドンに勝っているのだから、右回りのここでは期待大。
あとはそのタワーオブロンドンとムスコローソ、あってもケイアイノーティックまで。
馬券は1番14番が大本線。3番、5番、9番を絡めて。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

第5回阪神ジュベナイルズフィリーズ大予想

【零細馬主で馬券下手】
何があるかわからない2歳牝馬ではあるが、新潟から札幌という異例のローテで臨み、重賞勝ちしたロックディスタウンのスケールに賭けてみたい。3ヶ月ぶりだが大外差し、というのも傾向的に悪くないし、まだまだ伸びしろがありそうだ。このG1請負人ともいえる、ルメールの手綱も心強いので軸として本命視。
相手はブエナビスタの娘でソシアルクラブ。「チャンチャン」とくると怖い。センス抜群のリリーノーブルは中一週がなければ本命視したいくらい。この2頭に絞りたいけれど、実際のところパドックで気になった馬は全て買っておいた方がいいと思う。18番から7番、12番など。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2017香港国際競走大予想

■香港ヴァーズ
前走BCターフが好位差しで強かったタリスマニックで勝負。3歳時にもG1戦線でも健闘を見せていたが、古馬になった今年は全て3着以内と素質開花。ハイランドリールのアタマはない、消してもいいくらい。

◎2タリスマニック
○3ティベリアン
▲6イーグルウェイ
△12キセキ
注1ハイランドリール

■香港スプリント

グローバルスプリントチャレンジ」の最終戦で、世界の短距離戦線を締めくくる結びの一番という位置づけにある。ロードカナロアが優勝したもののビリーヴでも歯が立たなかった。でもレッツゴードンキは面白そう。

◎2ラッキーバブルズ
○1ミスタースタニング
▲4ザウィザードオブオズ
△5アメージングキッズ
☆11ストーミーリベラル
注12 レッツゴードンキ

■香港マイル

香港調教馬が圧倒的に優勢。1600mで行われるようになってほぼ20年近く、香港調教馬が3着以内を外したことは1度もなく、それどころか過去10年では5割が3着までを独占。今年もまたその傾向が続きそうだ。

◎7シーズンズブルーム
○1ビューティーオンリー
▲8ホースオブフォーチュン
△2ヘレンパラゴン
☆10ビューティージェネレーション

■香港カップ

去年出られなかったワーザーの雪辱となる。内枠有利で、このレースだけは日本馬にもチャンスあり。
◎4ワーザー
○11ロビンオブナヴァン
▲5ステファノス
△2ネオリアリズム
☆9タイムワープ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

第18回チャンピオンズカップ大予想

【零細馬主で馬券下手】
外人騎手の単勝を4点買って、2.2倍〜4.6倍(前日23時50分オッズ)。そうしたいくらいの抜けた人気馬がいない混戦模様のレースである。こんな時は大振りは禁物。大万馬券は飛び出さないことがほとんどだからだ。軸は絞りきれない。メンバー一番の上がり馬テイエムジンソクは単勝5倍以上の1番人気。押さえにはできても軸には据えにくい。なので馬券はBOXで攻めることにする。
逃げるのが何なのかさえ不確定なこのメンバー。その中でやっぱり去年の実績からサウンドトゥルーははずせない。そして内枠に差してきそうなデムーロ弟のノンコノユメ、ルメールに乗り代わったカフジテイク、冒険するならカネヒキリ産駒のミツバの全5頭。馬番では3番、4番、12番、13番、14番。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

第37回ジャパンカップ大予想

【零細馬主で馬券下手】
問題はキタサンブラックの前走の強い競馬をどうとらえるかだ。日本代表、古馬の大将として迎え撃つに相応しいと考えるか、それとも「見えない疲れ」の反動が怖いと見るか。天皇賞(春)の次の宝塚記念の凡走がトラウマとなっているのは確かだが、あっさり勝ってしまうだけの実力があることは誰もが認めるところ。敗因を予想するのは難癖をつけているようで気が引ける。やはり本命視したい。
そして3歳馬が先月からの古馬相手の重賞戦線でめざましい活躍をしている。3歳勢を軽視して痛い目に遭っているだけにここは斤量差で有利なダービー馬、前哨戦で成長を照明したレイデオロを逆転の可能性も十分ありうる対抗とする。斤量有利といえば3歳牝馬のソウルスターリングだが、こちらは牡馬との戦いという点で不安が残る。今回も厳しい流れになりそうで、心の中で応援する程度にしておきたい。
3世代のダービー馬が出走するという豪華メンバーだが、不気味なのがマカヒキ。ソウルスターリングと同じステップなのに人気がそれほど人気にならないのであれば、十分にチャンスがあるとも思える。
ここ10年で遂に馬券にからむことがなくなった外国馬は、今年のメンバーが作る速い流れに、果たして対応できるのかビッグクエスチョンである。このあたりジャパンカップというレースが変容しているといわざるを得ない。
最後にミルコ・デムーロの勢いは無視できない。点数が増え、おまけに3番人気だから本来なら3頭でといいたいところ、押さえておかないと後悔しそうだ。
馬券は2番、4番、11番、12番。どう買うかを考えるかが問題で、穴馬探しは徒労に終わりそうだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

第34回マイルチャンピオンシップ大予想

【零細馬主で馬券下手】
このレースは基本的に3歳馬が不振。過去10年で3着が1度あるだけで、連対はゼロとくれば、5頭の3歳馬はまず無印でよいのではないだろうか。牝馬戦線の先週とは異なり、それなりに実績を積み重ねても、現時点で1kgの斤量のアドバンテージでは、古馬に太刀打ちできないのがマイル戦線。4連勝でスワンS勝ちのサングレーザーとて、当時は2kgもらっているわけで、ここでは厳しいと見る。
本命はエアスピネル。武豊騎手の一頓挫から早々のムーア騎手に乗り替わり手配は、やむを得ない事情。マイルと京都の実績はメンバーでも群を抜いていて、枠順もギリギリ問題ないし軸には最適と見る。
相手筆頭にクルーガー。1年休み明けは10着、しかし前走は半年休みで3着はあわやと思わせる素質の高さを見せつけた形。それでも他馬との比較で人気を落としているならば、この馬の上がり目には賭けてみたい。
あとは実績でイスラボニータ、展開からはマルターズアポジーの逃げ残りは武士沢騎手のいぶし銀の騎乗を侮ってはならない。父スウェプトオーヴァーボードの弔い合戦となるのかレッドフォックス、近走の成績が悪いのは不得手な左回りのせいのブラックムーンまで。馬券は11番から10番が本線で、12番、8番、7番、1番まて。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

第42回エリザベス女王杯大予想

【零細馬主で馬券下手】
先月の大雨のせいで京都の芝の状態はかなり悪い。良馬場でこそなんとかなるが、ちょっとでも雨が降るとグシャクシャになりそうだ。ヴィブロスは切れ味勝負だけに、馬場状態と1ハロンの距離延長がどうか。ということで押さえまで。
本命はモズカッチャン。オークス2着から、叩き3戦目。この距離に向きそうだし、上がり目があると判断。ルージュバックは古馬になってからが案外だったが、ここらで輝きを取り戻しそうだ。そしてヴィブロスは姉の血統からも押さえたい。怖いのはクイーンズリング、ミッキークイーンの女王2頭とジュールポレールまで。
馬券は5番17番が本線で、7,10,13,16番まで。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧